造園施工までの流れ

逗子・葉山・鎌倉のお客様を中心に、湘南地域で長年培った経験をもとに風土に合った お庭やコンテナガーデンの設計・施工を行っております。
庭づくりについて、詳しくは、逗子ガーデンの庭づくり及び湘南の造園屋としてをご覧下さい。

  • お庭の設計・施工

    樹木の植栽、草花植栽、生垣、竹垣、池・流れ、石組み・石積み、石敷き、レンガ・枕木敷き、立水栓、ウッドデッキ、パーゴラなど

  • 外構工事

    フェンス、門扉・門柱、ブロック塀、擁壁など

施工事例をご参照下さい

設計・施工までの流れ

庭づくりは、まずお客様との対話から始まります。庭への想い・使い方・好み・生活のスタイルなどから、どんなことに困っているのか、手入れができるのかあまりできないのか、あるいはお子様やお年寄りがいるのか・・・など、なるべく詳しくお話を伺って、暮らしに合った柔軟なデザインをこころがけています。

ご相談は無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。

湘南の造園屋として

逗子を中心とする湘南地域の気候の特徴は、夏は暑く湿度が高く、冬は温暖ながら風が強いこと、そして台風や最近の集中的な豪雨の影響も大きいことです。
また、何より海から吹き上げる強い潮風は植物に大きな影響を与えます。どんな樹木・草花が元気に育っていくのか、長い間暮らして世話をしてみないとわからないことも特徴の一つです。
たとえば、カエデ類は単独で植えると潮風でやられてしまうことが多いため、シイなど潮風に強い常緑樹で風を防いで、その脇で寄り添うように植えて楽しむというようなことが昔からされていました。山間部のような真っ赤な紅葉は期待できない(気温が高いため)ことも承知の上で使ってきました。
逗子ガーデンではずっと湘南の庭を手がけてきました。
湘南地域で樹木を扱う上でのノウハウを、この地域に暮らす方々に提供し続けていければと願っています。

逗子ガーデンの庭づくり

逗子ガーデンでは、庭は単なる住居に付帯した空間ではなく、環境の一部・風土に合った美しい景観の一部として考えています。
お客様一人一人のお庭が街のみどりを作っていくという視点を大切に、庭づくりをすすめています。
この場合の「みどり」は、単に眺めて美しい木を植えるということだけではなく、植物による空気の浄化や温度変化の緩和・雨水の吸収など、住環境へのプラス効果を意味しており、さらには湘南の海や山など豊かな自然へのつながりまで意識しています。

庭園設計の基本的な考えは、次のようなものです

  • 庭は町の風景・景観の一部であることを意識する。
  • 湘南地域の気候と自然植生を考えた植栽を提案する。
  • その土地(環境条件・地形・歴史・文化など)からの発想を大切にする。
  • できるかぎり木・石・竹等の自然素材を使用する。
  • 庭の成長を見据えた、「時間」を考慮した設計をする。

風土に合った豊かなみどりこそが本物の美しさを持ち、真に快適な暮らしを提供してくれるはずです。

Page Top