作庭理念

自然と共生する庭づくり

逗子ガーデンは、自然と共生する庭づくりをコンセプトに、1958年より逗子・葉山・鎌倉などの湘南地域を中心に風土に合った樹木と自然素材を使ったお庭を提案しています。

造園会社として、私たちや未来の子どもたちが、いつまでも自然の恵みを享受し、健やかで心地のいい持続可能な暮らしを後押したいとの思いから、剪定枝等を再利用した「薪」「植物性堆肥」「農薬を使わない野菜」の生産・利用・販売、また国際規格ISO14001(環境)の取得を行うなど、様々な取り組みも行っています。

持続可能な暮らしとは?

はじめに、広い視点から、持続可能な暮らしのある地域社会について考えてみたいと思います。
持続可能な社会では、環境への配慮として、自然資源を永続的に利用できること、つまり、地域の中で資源ができる限り循環することが必要な条件の一つです。地産地消やゴミゼロはその具体的な活動になります。その土地ならではの自然な素材を用いた旬の料理を家族や友人といただいたり、山・海・公園・庭などの自然の中で思う存分楽しめる暮らしがあるのではないでしょうか。

造園業として持続可能な暮らしを具現化する取り組み 

Page Top