作庭理念

自然と共生する庭づくり

逗子ガーデンは、自然と共生する庭づくりをコンセプトに、1958年より逗子・葉山・鎌倉などの湘南地域を中心に風土に合った樹木と自然素材を使ったお庭を提案しています。

造園会社として、私たちや未来の子どもたちが、いつまでも自然の恵みを享受し、健やかで心地のいい持続可能な暮らしを後押したいとの思いから、剪定枝等を再利用した「薪」「植物性堆肥」「農薬を使わない野菜」の生産・利用・販売、また国際規格ISO14001(環境)の取得を行うなど、様々な取り組みも行っています。

持続可能な暮らしとは?

はじめに、広い視点から、持続可能な暮らしのある地域社会について考えてみたいと思います。
持続可能な社会では、環境への配慮として、自然資源を永続的に利用できること、つまり、地域の中で資源ができる限り循環することが必要な条件の一つです。地産地消やゴミゼロはその具体的な活動になります。その土地ならではの自然な素材を用いた旬の料理を家族や友人といただいたり、山・海・公園・庭などの自然の中で思う存分楽しめる暮らしがあるのではないでしょうか。

造園業として持続可能な暮らしを具現化する取り組み 

SDGsへの取り組み 

市内公立中学校の職場体験の場として協力し、生徒に現場で作業をしてもらうことで、働くことの意義、達成感などを学んでもらえるよう努めています。定期的に開催しているマルシェでは、生ごみの堆肥化技術をレクチャーしています。今後も緑化技術や環境保全に関する知識を伝える場をつくり、教育に貢献したいと考えています。

造園業は環境事業であると言う認識の下、緑化に努め年間の植栽樹木本数の増加を目指しています。また、造園事業からの廃棄物である剪定枝などは100%再資源化し、処理台数としてごみの削減目標とする試みを行っています。

持続可能な消費はゴミの再資源化によるものと考え、再資源化した薪や堆肥を生産量として目標化しています。

近年の気候変動に起因する自然災害に対処できる体制を構築するため、通常の造園事業に関わる人員が災害時に被害復旧作業に従事できるよう、余剰人員の確保に努めています。この余剰人員は剪定枝他幾多の植物廃材の再処理加工作業に就労させることで、確保できる体制を構築しています。

生態系保護のため、農薬、化学肥料を削減し、再資源化した生産物と自然農法に準拠した技術で削減目標をクリアーしています。また温暖化防止へ寄与するため、小学校等の大面積の芝生化、芝生の維持に努めています。

地元の商工会議所、生産業者との相互協力により資源の再利用を実践し、環境保全に対する意識を高めあっています。他分野だからこその気付きや情報の広がりを大切に、良質なパートナーシップを築いています。

Page Top